将来性への期待も大!保健師への転職を成功させるには

保健師の転職成功の鍵

保健所などの行政機関や、学校での学校保健師、民間企業・・・、様々な場で活躍する保健師は、将来性の高い安定した職業です。また、収入面の手厚さや働きやすい環境などから、一度就職したら長く勤めることができる利点もありますね。
http://www.chickasha-cc.com/kiji16/

一人の保健師が特定の職場に長く勤務し続ける事は、その保健師本人のメリットだけでなく、“ベテランを育成できる”という雇い主側のメリットも生んでいますので、なかなか求人自体が出てきません。転職を目指す保健師のハードルは必然的に高くなってしまうでしょう。

では、狭き門である保健師の転職は、どこを狙うべきなのでしょうか? ただでさえ少ない保健師の求人を目を皿にしてさがすよりも、需要があるポイントを把握して効率よく情報を集めることは潤滑な転職活動の手がかりになるのではないでしょうか。

これから需要が高まると考えられる現場として、まず〈介護施設〉があげられます。利用者の看護やリハビリプランの作成、健康相談、健康管理など、介護施設での多岐にわたる保健師の活躍が期待されています。

こういった、より需要が増えるであろう新しいステージに目を向ける事で保健師の転職活動は可能性と選択肢を広げることが出来るはずです。また、正社員求人以外にパートや派遣保健師も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

繁忙期に臨時の保健師を募集するケースもありますので、まずはそこからキャリアやノウハウを育てていく手段もあります。あなた自身の価値を高める事はもちろんですが、雇い主にあなたの頑張りをアピールできるかもしれません。数の少ない保健師の求人ですが、決して全く無い訳ではありません。

なんらかの理由で離職する保健師は少なからず存在していますので、その場合は欠員補充として募集が掛けられます。ですので、保健師としてのお仕事を探すのであればポイントは情報収集でしょう。 より多くの求人情報や保健師のニーズをチェックする事が転職成功の鍵となりそうです。

企業で働く保健師に求められるものとは?

保健師として働くには、大きく分けて三つの選択肢があります。公務員として働く行政保健師、学校で働く学校保健師、企業で働く産業保健師です。このなかの産業保健師という働き方は、保健所や病院のような医療を扱う組織に準ずるのではなく企業に属して従業員の健康管理等を行うスタイルです。

つまり、産業保健師は企業に雇われる一社員です。保健師として社員の健康促進や管理を行う一方で、企業利益を目的として勤めるという点が他の保健師との決定的な違いでしょう。

業務の内容としては、企業内にある医務室、または保健室で従業員の健康管理や健康促進に勤めます。けが人や体調不良を訴える従業員の手当や看護はもちろん、職場内の人間関係に関係する悩みやストレスを聞く事もありますので、仕事内容は学校保健師と似ています。

従業員が心身ともに健やかな状態で勤務できるよう、保健師はカウンセラーとしての役割も担っており、産業保健師がカウンセラーの資格を取る事も珍しくありません。

けがの程度や不調の具合によって医務室で応じきれないケースでは、医療機関での受診を判断することもありますし、従業員の健康に悪影響な労働環境や勤務形態に対して、改善案を立て提案するのも保健師の仕事です。

そこで問われてくるのは保健師の判断能力です。体調不良の従業員に医療機関の受診を受けさせれば、人件費や保険料等、その企業のコストを消費する事になるのです。

企業に準ずる一社員である以上企業の損失はできるだけ押さえた判断が必要ですし、保健師である以上従業員の健康維持を重視した判断が必要になってきます。そのどちらも産業保健師に課せられた重要な仕事ですので、ケースバイケースで適切な判断が出来るかどうかが問われてくるのです。

産業保健師が勤める企業は多種多様ですので、その企業ごとに特徴や求められるものが異なってきます。産業保健師への転職を考える場合は、希望する企業の特徴をリサーチしどのような人材を求めているのかしっかり理解する事が大切です。

メニュー
保健師転職