薬剤師の転職の悩みを整理してみました

薬剤師で転職を考えている人はいろいろな不安があります。 そういった人たちが多く抱えている悩みを<よくある質問形式>で整理してみました。 転職する場合の参考にしてみてください。

【Q】私は3年ほどブランクがある女性薬剤師です。
調剤薬局に転職を希望しているのですが知識面でとっても不安を感じています。 私にもこなせるかどうか心配です。

【A】とりわけ女性にはよくある質問です。
製薬会社など別の業種から調剤薬局に転職する場合はありがちです。 薬剤師資格を持っているわけですから基礎知識はありますから心配はいりません。 けれどもまったく勉強しなくても大丈夫ということではないです。

仕事が決まった場合には事前に薬局長に相談して<採用している薬品リスト>をもらっておくといいでしょう。 出勤日までに薬に関する基本的な薬効は暗記しておくほどの気持ちがあれば大丈夫でしょう。 また薬剤師賠償責任保険という制度もあるので加入しておけば万が一の場合でも安心できるでしょう。

【Q】薬剤師の転職を考えていますが、転職する場合に有利な時期はあるのでしょうか?
【A】新卒の入社が決まっている3月や4月は難しい時期で企業も採用を手控えるでしょう。
一番チャンスがあるのはボーナスをもらった後のタイミングです。 退職するならばボーナスを貰ってから――そういった気持ちの人が多いからです。

具体的には夏場は7月から8月、冬場は12月から1月の期間は求人が増えます。 当然ですが転職を希望する薬剤師も増える時期ですから早い目の準備が必要です。 あなた自身に薬剤師としての実力があれば良い転職ができるでしょう。

【Q】薬剤師専門の転職サイトに登録しましたが連絡がありません。
【A】6年制薬剤師が登場してでてきている現象で良く耳にする話です。
6年制の新卒薬剤師が労働マーケットに流入しているからです。 卒業して10年未満の若手の薬剤師は転職するケースが激増しています。

今の職場に不満がある薬剤師が薬剤師供給が過剰になる前に転職してしまおうとしているからです。 薬剤師専門の転職サイトは多忙を極めています。 「転職の気持ちが曖昧な人」や「希望条件が厳しい人」はどんどんと後回しにされて連絡が来ないのです。

あなたが真剣に転職を考えているならば一つの薬剤師専門の転職サイトに絞っていては駄目です。 3社程度のサイトに登録しましょう。 連絡がない場合はあなたから電話で問い合わせるなど積極性を見せることが大切です。

以上、薬剤師の転職の悩みを<よくある質問形式>で整理してみました。

メニュー

ページの先頭へ