薬剤師がMRになる方法とMRをやってみる価値

医薬品が正しく利用されるために「医師」「歯科医師」「薬剤師」など医療従事者に対して自社の医療用医薬品の情報提供する人がMRと呼ばれる人です。

英語ではMedical Representativesと呼ばれ、それぞれの頭文字をとってMRと呼ばれ、以前はプロパーさんなんて呼び方もありました。MRは医療機関を訪問することにより、使われた医療用医薬品の「安全性」や「有効性」や「副作用」の情報をキャッチする業務も兼ねています。

――ではMRになるにはどのようにすればいいのでしょうか? まずは大学を卒業して製薬会社に就職しなければなりません。 入社後6カ月から8カ月はMRになるための基礎教育を受講し知識を身につけます。 教育研修を履行して終了認定を貰えたら<MR認定試験>の受験資格が貰えます。

そして<MR認定試験>を受験します。 試験内容は(1)疾病と治療(2)薬理学(3)薬剤学(4)医薬概論(5)PMS:製造販売後調査(6)添付文章――6科目です。

薬剤師資格を持っている人は(1)(2)(3)は免除されます。 <MR認定試験>に合格したあと「150時間の実務研修」と「半年間の実務研修」を終了することによってMR認定証が交付されます。

MRの仕事は次のような2つの側面があるので一度はやってみる価値がある仕事です。 1番目は<仕事のスキルやマナーを学べる点>です。 会社のお金で社会人として必須の仕事の基本が学べます。

<営業>という大切な業務スキルはどんな業種の人でもマスターしておきたい必須のキャリアです。

・僕は病院薬剤師をするから営業なんて関係ないよ!
・薬剤師であるのにセールスマンなんてできるはずがない!

こういった変なプライドがある薬剤師もいます。

営業は<モノを販売する仕事>と思われていますがそうではありません。 現実を見てみると<モノではなく自分自身を売る仕事>なのです。 「相手との信頼関係を築く」「相手のニーズを察知する」「ニーズに対応した商品を販売する」…これがMRの仕事です。

2番目は生涯年収がとても高額であることです。 大手製薬企業では35歳で年収は800万円前後、40歳で1000万円前後のケースがあります。 調剤薬局では600万円程度が上限でしょう。

これだけの差があります。 退職金を考えたら生涯賃金では1億以上の差が生じてきます。 病院薬剤師の低い年収と比較したらなおさらです。

以上、薬剤師がMRになる方法とMRをやってみる価値について説明しました。

メニュー

ページの先頭へ